ブログ一覧

NO IMAGE

ウェブサイトを移転しました。

あまり代わり映えはしないのですがウェブサイトを移転しました。引き続きのご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。変更点は下記のようになっています。 独自ドメインになってちょっとだけプロっぽくなりました。 Googleカレンダーと連携して私のスケジュールが反映されるようになりました。 はてブなどのSNSのボタンが追加されました。 背後での管理作業が若干やりやすくなりました。...

NO IMAGE

数年前のメモ書き:研究テーマの決め方について

 先月の研究会でゲスト参加されていた修士の学生さんが,DC1に出すんですという話をされていまして,研究テーマの決め方についての話になった場面がありました。そのときにした話のメモを貼っておきたいと思います。 このメモは最近書いた物ではなく,日付によると2012年3月ということなので,自分が博論のテーマ決めという長くなやんでいた問題から解放された後に書いたものです。他人がこの文面を読んでどう感じるかど...

NO IMAGE

桜前線がやってきた

去年よりは少し早いが,それでもなんとなく3月に咲くイメージが強いので待ち遠しかった。ようやく8分咲きというところか。今日は入学式なので,これはこれで良いシーズンなのかもしれない。

NO IMAGE

6年目を迎えた被災地の調査

東北学院大学経営学部では「おもてなしの経営学」という観光関連の実務家を招聘する授業があり,その関連で2泊3日かけて各地の被災地における観光産業の現状調査に行ってきた。主な発見は以下の3点にまとめられる。 第1に,自分の研究関心に近いところでいうと,観光のニーズと供給のミスマッチがあちこちで起こっているような印象を受けた。少人数の旅行に対して16畳もあるような大部屋がメインのホテルでは対応が難しい...

NO IMAGE

東北で何年か生きること

今朝方は,今日はどうすごそうか漠と思っていた。久しぶりにアポが無かったので家で過ごしてもよかったのだが,結局ちょっと行く用事を作って,研究室で書類書きなどをする一日となった。昼頃に学生とエントリーシートをどう書くかについて雑談を少しした。事務方や先生方と2,3簡単なやりとりをした。あとはなるべくメディアを見ず,Twitterの画面もいつもより少なめにして,多めに水を飲み,ひとりで平穏無事に過ごした...

NO IMAGE

書いてみたい小ネタ集

授業期間外になると思い出したようにブログを書く悪い癖が再発しています。普段はevernoteかパワーポイントのスライドに書いて,授業で喋ってしまえば,あとはもうなんとなくもういやだ喋りたくない,僕はひきこもりたいんだという気分になりつつも一応の社会生活をしているので,わざわざブログを書くほどの気分にならないのです。 授業がなくなると健康のためにジョギングをするような感覚でブログを書き,3日でやめ...

NO IMAGE

女川町再訪

11ヶ月ぶりに女川駅近辺に足を運んだ。昨年の3月末に,女川駅が復旧したてだった時に遊びにいったのだけど,今回は更にいくつか復興が進んでいるようだったのでまた行ってみた。 前回行った時は仙石線も仙台から松島海岸駅までで止まっていて,一部は代行バスだったのだけど,今回は仙石線も完全復活していて,さらに東北仙石ラインという新しい路線もできていた。乗り鉄というほどの趣味人ではないのだけど,復旧した部分と...

NO IMAGE

読み物としての成績表

昨晩,前期の学生による授業評価アンケートが返ってきた。前期末に配付回収して,後期の始まるタイミングで自由記述含めてフィードバックが返ってくるのは良いなと思う。 評点や自由記述をみていると,高評価であってもどう受け止めればいいのか判断に迷う項目が多い。手放しで喜べるのは,教員の熱意を感じた理由という項目で「授業への準備」という項目の評点が突出して高い(2科目どちらも回答者の8割以上がマークしている...

NO IMAGE

都構想の住民投票についての雑感

都構想の住民投票の結果で,各社の出口調査には数字の開きがあることを知った。 (読売)賛否割れた自民支持層…住民投票出口調査 年代別では、20~50歳代で賛成が優勢。60歳代では賛否が拮抗し、70歳以上は反対が多かった。性別では、男性が賛成57%で反対41%を上回ったが、女性は賛成48%、反対47%と並んだ。 調査は市内24区の投票所計280か所で行い、投票を終えた有権者1万77人から回答を得た。...

NO IMAGE

季節外れの科研費申請書メモ

昨年の秋に書いたメモ,公開はしておきたいが耳目は集めたくないのでスタート支援も出し終えたであろうこういう季節外れにアップしてみる。自分が次回までに忘れるであろうポイントを自分向けに書いたものなので,こうすれば良いという指針というよりも,こうすると決めておくというメモかもしれない。 ■学術的背景 ・ここだけはテンプレの項目順に従わずに,自分の話から始めて,後から既存研究という順序の方が楽に書ける ...