「 ブログ 」一覧

NO IMAGE

読書記録:鈴木健 (2013)『なめらかな社会とその敵』 勁草書房

以下,ツイートしていたメモ書き。 鈴木健 (2013)『なめらかな社会とその敵』 勁草書房 amzn.to/2l6VSh6  積ん読消化中,第2部PICSYまで読んだ。ここ数日思考実験的な研究をしていたので,(自分とは全体構想が逆方向だけど),空想をごりごり突き詰める系研究として参考になった。 posted at 19:39:31 p.31「自由意志(原文ママ)があるから責...

NO IMAGE

投資行動としての大学生活

 大学生が使えるお金は限られている。大学生は時間に余裕はあるかもしれないが,その時間も大学4年間という時間を”買って”できた時間である。お金や時間といった資源が限定された状態で,将来への投資をする。お金を獲得し,お金で買うことのできる物や時間を買い,お金をかけて知識やスキルを獲得し,稼げる人材になっていくプロセスであるといえる。 もちろん,学習はお金のためだけにするわけではないが,投資行動で...

NO IMAGE

家計管理はビジネスになるか

家計に対する考え方や家計管理の仕方というトピックは,教育的には割と関心を持ってもらいやすいので経営学の初年次教育の題材には良いなと思っている。たとえば経営学入門で財務会計と管理会計の違いを説明するときとか,固定費と変動費の違いを説明する時とか,家計に例えて説明をしてみると割と学生の反応がよく,「家計簿付けてみようと思った」などという感想を多くいただいた。 この辺,現状のいわゆる消費者教育とい...

NO IMAGE

読書記録:猪木武徳(2001)『自由と秩序―競争社会の二つの顔』中央公論新社

一言で言えば,社会経済システムが成り立つための各種の緊張関係を描きながらその折衷や中庸を説く本とでも言えばいいのだろうか。マーケットとモラルの関係の書きぶりが,なんともややこしい。 市場経済は悪徳をはびこらせ、社会主義経済は人間を善良にする、と単純に信じ込む人はもはや少なくなった。しかし、市場経済そのものが、その土台として公共精神や一定のモラルを前提としていることを忘れてはならない。この公共精神...

NO IMAGE

Evernoteの良いところと悪いところをまとめたよ。

まとめろって言われたのでまとめるよ。まずは基本情報だよ。 Evernoteはクラウド上にメモ書きを貯めておくネットサービスだよ。 無料でも使えるけど同期できる台数とか,容量とかいろいろ制限があり,プレミアム版だと年額5200円のフリーミアム型のビジネスモデルだよ。2016年6月に無料版の制限がきつくなって,プレミアムはちょっとだけ値上げされたよ。 僕は2009年頃に一度無料で...

塩竈神社で遅めの初詣

塩竈神社で遅めの初詣

遠方より友人知人仕事仲間その他が来る度に,すこしずつ自分も仙台近郊の観光スポットを攻略している。塩竃市も何度も訪れているのだけど,大体海側にいってしまうので塩竃神社にはまだ行ったことがなかったので初訪問。 (左の階段ではないルートからのぼってしまったのでこの写真は後からとったもの。) 平山昇(2012)『鉄道が変えた社寺参詣』交通新聞社によると,複数の鉄道路線が走っている場所では,どこ...

NO IMAGE

JREC-IN HACKS? 経営学の大学教員市場動向について

就職活動を控えた大学院生ならみんなJREC-INは見ていると思うが,毎日みている就職市場の全体像というのはあまり明らかになっていない部分もあるような気がするので,手元のデータからわかる経営学のジョブマーケットの動向を紹介しようと思う。 経営学・常勤の公募情報20120101-20170121 データはGoogleスプレッドシートにアップロードしているので,就職活動中の大学院生とか,D進...

NO IMAGE

22年前ということ

阪神淡路大震災から22年が経過したらしい。22年ということは,僕が普段接している東北の大学生達は全員が,西の方の大地震のことは知らないということになる。 数ヶ月前に入試の面接とやらで高校3年生と話す機会があった。僕の目の前に居る彼らは17歳ぐらいで,6年前の東日本大震災のときは11歳。僕の22年前が10歳なので,震災を同じぐらいの年頃に経験した世代なのだなということを面接をしながら考えていた...

NO IMAGE

事業仕分けと「政策のための科学(SciREX)」

前職では文部科学省「科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業(通称SciREX)」というプロジェクトの中のひとつのプロジェクトに雇用されてポスドクをしていたのだけれども,その頃に「SciREXは事業仕分けのような事態に対する対策として立ち上げられたプロジェクトだ」という話を聞いた。大学院生の時に生じた事業仕分けは,将来に対する動揺を周りの院生に引き起こすものだったし,そうした...

NO IMAGE

状況の変化を読むのは難しい

来年度の2年生向け少人数科目「研究・発表の技法」の募集期間(学生がそれぞれ希望の先生に応募する)が昨日まででした。まだ私の手元に学生の応募用紙は回ってきていないのですが,私は以下のような募集要項を出していました。 テーマ:新規産業に関する各種情報収集と調査 本講では新規産業の成立に伴う情報収集方法を学びます。今年度はカジノ産業を題材とします。日本ではカジノ産業は法的に禁止されている状況にありま...