教育一覧

NO IMAGE

2018年度3年演習 募集要項

募集に際していくつかの補足 今回の募集より,4年次の継続履修を前提としないプログラムへの変更を考えています。継続履修してもいいし,3年次のみの受講も可能です。4年次にやることは未定ですが,本読み中心でのカリキュラムを予定しています。 ゼミと並行して「経営戦略論(秋池先生)」「ビジネス・ケース研究(秋池先生・竹内先生・尾田)」の履修を強く推奨します。その他,尾田の開講する科目としては「文献購...

NO IMAGE

アンリアリスティック・ジョブ・プレビュー(妄想の方が多い将来設計)

7/22(土),オープンキャンパスで進路相談に従事した。本学の場合,一般入試の勉強法みたいな話はほとんどなくて,最も直近に予定されているAO入試相談会のような様相を見せている。AO入試の際には将来の目標とか,どのような授業をとることでその将来の目標を達成するんです,みたいな志望動機兼将来設計を聞かされるのだが,なんだか空回りというか非現実的なストーリーになってしまうことが多くて(そしてAO入試とい...

NO IMAGE

大魔王からは逃げられない

ドラゴンクエストのような和製RPGの特徴のひとつに,最初のムラの近くのフィールドには弱い敵がいて,段々後半に行くに従って強くなっていくというような設定がある。 大学も,高等教育研究機関とはいえ一応は学校なので,発達段階に合わせて「がんばればできそう」ぐらいの課題に調整することが求められる。学生のモチベーションが維持されるように調整しようとすると,段々簡単な課題になりがちだったりする。学年差よ...

NO IMAGE

『原因を推論する』で『ビジョナリー・カンパニー』を斬る

文献購読という授業で受講生1名を相手に久米郁男(2013)『原因を推論する』有斐閣,をゆるゆると読んでいたのだけど,その中で出てきた『ビジョナリー・カンパニー』批判(『原因を推論する』第6章,元ネタはローゼンツワイグ『なぜビジネス書は間違うのか』)に受講生が関心をもったので,授業の最後の回ではビジョナリー・カンパニーを読みながら,どのような方法論的批判が可能かを考えてみるという内容にした。 ...

NO IMAGE

上期授業の雑感

本当はひとつずつもう少し長く書きたいのだけど,忘れてしまう前に。僕は同じ授業をまた来年も担当するし,徐々に改善もできるのだけど,学生達との付き合いは一期一会だから,なるべく書いておきたい。全科目アクティブラーニングだし。 研究・発表の技法 カジノ産業及び関連する賭博系業界の分析。カジノ推進派(規制が厳しくともひとまずは合法的な産業として成立させたい)とカジノ反対派(ギャンブル依存症のリスクを懸...

NO IMAGE

学習ポートフォリオの黒歴史化

5月は一度もブログを書かないまま終わってしまった…。学期中は教員業がメインになって,研究は片手間という状態。今学期は全科目アクティブ・ラーニング科目なので,授業外の採点やコメントの時間が多い。ただ,今年度からほぼフルデジタルで授業をできる環境になって,レポートや課題の提出も返却・コメントも,出席管理も,学生との間で紙のやりとりがなくなったので割とその辺りは楽になった。 デジタル化の副次的効果...

NO IMAGE

製品開発論 授業評価アンケート結果 2015年度-2016年度

履修登録の参考になるのかどうかわかりませんが,授業評価アンケートの結果が来ていたので貼り付けておきます(教務課でこれらの資料は全科目閲覧できるはずです。)。 総合評価は4.2でだいたい専門科目平均と同じぐらい,可もなく不可もなくという水準。 問11-2「教員の熱意」については私は「授業への準備」で評価されることが多いようです(私の他の担当科目でも似通った傾向です)。 履修者90名,ほ...

NO IMAGE

2017年度担当科目一覧

2017年度の担当科目一覧と,関連する記事へのリンクです。 読解・作文の技法(1年生以上対象,後期) 研究・発表の技法(2年生以上対象,前期) (2017年度の募集に際して)状況の変化を読むのは難しい ビジネス・ケース研究I(3年生以上対象,前期), ビジネス・ケース研究II(3年生以上対象,後期) 製品開発論(3年生以上対象,後期) 製品...

就職活動のキックオフイベント

書くのが遅くなってしまったが,2月4日(土),トランス・コスモスの人事の方にご協力をいただいて,就職活動のキックオフイベントを開催した。 僕はほぼ眺めていただけだったのだけど,感想を何点か。半日みなさんの作業をみて,新卒の就職活動というのは漠とした用語の応酬の場なのだなということを改めて理解する機会となった。自己PRは「リーダーシップ」とか「積極性」とか「論理的思考」とかそのような抽象的な言...

NO IMAGE

都道府県別に標本を分割したデータを扱う時の注意点

4年生の卒論が提出されて一段落したので,それを見ていた過程で気がついたことについてのメモ。母集団をいくつかの標本に分割した後でそれぞれの平均値を算出するなどの処理をするときの注意点とでもいおうか。 状況は以下のようなものである。文科省が行っている『全国学力・学習状況調査』をある学生が卒論で扱った。彼は秋田県出身の学生で,なぜ秋田県の小中学生が学力テストで上位なのかを調べようというものだった(...