「 教育 」一覧

NO IMAGE

経営学入門で紹介した図書18冊

僕の夏休み読書@実家。研究関連か授業準備などの職業的な本読みなのであまり夏休みっぽくはないかも・・・。 さて,ブクログに「経営学入門で紹介」というタグをつくって,経営学入門の授業中に紹介した本の一覧ページを作った。経営学入門は数年おきのローテーションでの担当なので,このリストも放っておくと数年お蔵入りでoutdateになってしまう・・。夏休みの読書案内にはちょっと遅すぎるかもしれない...

NO IMAGE

経営学部の受験を考えるための読書リスト

先日開催されたオープンキャンパスでは,AO入試の相談も多くあった。東北学院大学経営学部のAO入試だと10分ぐらいの面接があるので,受験生は志望動機や入学後の計画について結構喋る必要がある。 経営や経営学のことを知る上で何か良い本はありますかという質問を受けて,その場でとっさに何冊か答えたのだけど,少しマッチしなさそうな本を言ってしまった気もしたので,ここで改めて何冊か紹介しようと思う。 ...

NO IMAGE

オープンキャンパスでの模擬講義

7月30日に行われた東北学院大学オープンキャンパスで、経営学部のゼミの様子について紹介する模擬講義を行いました。模擬講義ではゼミの写真も交えながら紹介したのですが、写真以外の部分をアップロードしましたのでご笑覧ください。撮影にご協力いただいた3年生諸兄、ありがとうございました。

NO IMAGE

ビジネス・ケースの発表会

土曜日の午後にもかかわらずみんなで集まって,ビジネスケース研究という授業の最終発表会を行った。ひとつのケースについて分析のツールを選ぶところからはじめて,最後の将来の提案まで作り込んでいくのは大変なことだ。今回は高級家具ということで,自身の消費経験にあまりない題材だったことも難しい要素だったのではないのだろうか。 個人的にはもう少しこぢんまりとした人数でグループワークの進め方を含めて指導でき...

NO IMAGE

鶴岡での組織行動論

5月頃からちょっとしたご縁で山形県の鶴岡市にある東北公益文科大学大学院で組織行動論という授業を担当した。主に社会人経験者の大学院生を対象とした少人数クラスだったので,フェッファー&サットン『事実に基づく経営』を輪読しつつ,組織行動論のレクチャーをしつつの半分半分ぐらいで。ミクロ系の組織論は大学院の頃に一応勉強したものの本務校では担当していない分野だったので,教科書を何冊か読みなおして考え直す機会と...

NO IMAGE

よくわからない状況下での選択に慣れる機会としての投票

1年生の経営学入門の受講生向けに書いたメッセージを転載します。 授業とは関係ありませんが、今日は参院選の投票日です。選挙といってもどう選べばいいかよくわからないかもしれませんが、日々の生活でも経営上の意思決定でも、どう選べばいいのかよくわからない局面というのは大量に存在します。1回きりでやり直しのできない局面も、大損につながりかねない局面もあります。年齢を重ねるほど、大きな意思決定をしなけれ...

NO IMAGE

3年ゼミの懇親会

7月6日(水)に3年生のゼミで懇親会をした@ウェストポイント。4月の歓迎会の時には3・4年合同で人数が多かったので,3年生と話す機会をようやく持つことができた。 ウェストポイントは仙台駅前知覚の老舗のパスタ屋さん。誰かとお話しをするときに食べる場所は、なるべく歴史のある個人経営のお店を使うようにしておきたいなと思っている。長年の経験を元にシェフがたどりついた固有の独特の味というのは,割と長期...

NO IMAGE

マーケティング・リサーチの勉強会

昨日は4限・5限にゼミをやった後にさらに6限に自主的な勉強会ということで、株式会社マクロミルから色摩あゆみ様に講師として来ていただいて,マーケティングについての勉強会を行いました。 うちの3年ゼミと他のゼミからも自主参加で参加者は全部で20名ぐらいだったかな。内容としてはマーケティング・リサーチについての講義と,実際に達成目標とリサーチの企画を立ててみようというワーク,さらには実際に行われて...

NO IMAGE

2016年度後期 「読解・作文の技法」について

後期科目の「読解・作文の技法」については第1希望者16名で定員24名だったのでとりあえず第1希望だった方には履修確定の連絡をメールで行いました。7月下旬には履修者全体が確定する予定ですので,少々お待ち下さい。 第2~4希望で回ってくる人用に,MyTGで募集要項の文面を掲載しておきます。 本講の目的は、独力で学ぶ際の読書の仕方を身につけることです。あまり予備知識のないような分野の本を、教養を...

NO IMAGE

数年で大きく変化した業界の分析(2年生,研究・発表の技法)

2年生の研究・発表の技法という少人数クラスでは教科書とケースの輪読が終わったのでようやく実際の作業に入り,財務分析やら業界の構造分析やら,講義の表題通り「研究・発表の技法」らしくなってきた。 今年度はソーシャルゲーム業界の構造分析をやっている。2011年時点の分析結果が沼上幹・一橋MBA戦略ワークショップ(2012)『戦略分析ケースブック Vol.2』東洋経済新報社,にあるので,それを参考に...