教育一覧

NO IMAGE

都道府県別に標本を分割したデータを扱う時の注意点

4年生の卒論が提出されて一段落したので,それを見ていた過程で気がついたことについてのメモ。母集団をいくつかの標本に分割した後でそれぞれの平均値を算出するなどの処理をするときの注意点とでもいおうか。 状況は以下のようなものである。文科省が行っている『全国学力・学習状況調査』をある学生が卒論で扱った。彼は秋田県出身の学生で,なぜ秋田県の小中学生が学力テストで上位なのかを調べようというものだった(...

NO IMAGE

2016年度「読解・作文の技法」終了間際の雑感

「読解・作文の技法」という1年生向けの少人数クラス(といっても24人)で新書(筒井淳也(2015)『仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』中公新書)をゆっくり読んでいる(かつての募集要項はこちら)。2年連続で同じ本を読んでいると教員側に余計な知恵がついてきてしまって説明は速くなるし,関連文献読み始めてしまって載ってない内容の解説をはじめてしまうしで,元々目指していた独学独習のための...

NO IMAGE

状況の変化を読むのは難しい

来年度の2年生向け少人数科目「研究・発表の技法」の募集期間(学生がそれぞれ希望の先生に応募する)が昨日まででした。まだ私の手元に学生の応募用紙は回ってきていないのですが,私は以下のような募集要項を出していました。 テーマ:新規産業に関する各種情報収集と調査 本講では新規産業の成立に伴う情報収集方法を学びます。今年度はカジノ産業を題材とします。日本ではカジノ産業は法的に禁止されている状況にありま...

2017年度 『学習ガイド』ゼミ紹介文

毎年経営学部の1年生に配付される『学習ガイド』という冊子に掲載する予定のゼミ紹介文面の来年度版(2017年度新入生用)を書きましたのでこちらにも掲載します。来年度から新カリキュラムが始まるので科目名を(旧)製品開発論→(新)イノベーション論など字句の修正を行った他,これまでのゼミの内容を記載しました。 ゼミについて 私は,専門科目としてイノベーション論という講義を担当しています。イノベーション...

NO IMAGE

2017年度のゼミ募集要項,他参考情報

2017年度のゼミ(3期生)の募集要項を書きました。そのうちMyTGを通じて配付される予定ですが,こちらにも掲載しておきます。 私や私のゼミに関連する参考情報で,webで読めるものを以下に挙げます。 毎年読む本もテーマも変えているので,あまり学年間の連続性はないのですが, 1期生(今の4年生)の3年次は,都市経済とイノベーションに関連する本を読みました。 2期生(今の3年生)は...

NO IMAGE

経営学入門で紹介した図書18冊

僕の夏休み読書@実家。研究関連か授業準備などの職業的な本読みなのであまり夏休みっぽくはないかも・・・。 さて,ブクログに「経営学入門で紹介」というタグをつくって,経営学入門の授業中に紹介した本の一覧ページを作った。経営学入門は数年おきのローテーションでの担当なので,このリストも放っておくと数年お蔵入りでoutdateになってしまう・・。夏休みの読書案内にはちょっと遅すぎるかもしれない...

NO IMAGE

経営学部の受験を考えるための読書リスト

先日開催されたオープンキャンパスでは,AO入試の相談も多くあった。東北学院大学経営学部のAO入試だと10分ぐらいの面接があるので,受験生は志望動機や入学後の計画について結構喋る必要がある。 経営や経営学のことを知る上で何か良い本はありますかという質問を受けて,その場でとっさに何冊か答えたのだけど,少しマッチしなさそうな本を言ってしまった気もしたので,ここで改めて何冊か紹介しようと思う。 ...

NO IMAGE

オープンキャンパスでの模擬講義

7月30日に行われた東北学院大学オープンキャンパスで、経営学部のゼミの様子について紹介する模擬講義を行いました。模擬講義ではゼミの写真も交えながら紹介したのですが、写真以外の部分をアップロードしましたのでご笑覧ください。撮影にご協力いただいた3年生諸兄、ありがとうございました。

NO IMAGE

ビジネス・ケースの発表会

土曜日の午後にもかかわらずみんなで集まって,ビジネスケース研究という授業の最終発表会を行った。ひとつのケースについて分析のツールを選ぶところからはじめて,最後の将来の提案まで作り込んでいくのは大変なことだ。今回は高級家具ということで,自身の消費経験にあまりない題材だったことも難しい要素だったのではないのだろうか。 個人的にはもう少しこぢんまりとした人数でグループワークの進め方を含めて指導でき...

NO IMAGE

鶴岡での組織行動論

5月頃からちょっとしたご縁で山形県の鶴岡市にある東北公益文科大学大学院で組織行動論という授業を担当した。主に社会人経験者の大学院生を対象とした少人数クラスだったので,フェッファー&サットン『事実に基づく経営』を輪読しつつ,組織行動論のレクチャーをしつつの半分半分ぐらいで。ミクロ系の組織論は大学院の頃に一応勉強したものの本務校では担当していない分野だったので,教科書を何冊か読みなおして考え直す機会と...