読書記録一覧

NO IMAGE

読書記録:鈴木健 (2013)『なめらかな社会とその敵』 勁草書房

以下,ツイートしていたメモ書き。 鈴木健 (2013)『なめらかな社会とその敵』 勁草書房 amzn.to/2l6VSh6  積ん読消化中,第2部PICSYまで読んだ。ここ数日思考実験的な研究をしていたので,(自分とは全体構想が逆方向だけど),空想をごりごり突き詰める系研究として参考になった。 posted at 19:39:31 p.31「自由意志(原文ママ)があるから責...

NO IMAGE

読書記録:猪木武徳(2001)『自由と秩序―競争社会の二つの顔』中央公論新社

一言で言えば,社会経済システムが成り立つための各種の緊張関係を描きながらその折衷や中庸を説く本とでも言えばいいのだろうか。マーケットとモラルの関係の書きぶりが,なんともややこしい。 市場経済は悪徳をはびこらせ、社会主義経済は人間を善良にする、と単純に信じ込む人はもはや少なくなった。しかし、市場経済そのものが、その土台として公共精神や一定のモラルを前提としていることを忘れてはならない。この公共精神...