研究関心

問題意識

イノベーションは,社会的に新規性が高い現象です。そのため,登場した当初はそのイノベーションの法的位置づけが未確定であったり,あるいは既存の法律と整合的でないという問題が生じることがあります。イノベーションの推進者(企業家・アントレプルナー)は,当然その新事業に社会的価値があると信じて推進するのですが,社会からは反対や懸念の声が上がることもあります。企業家が新事業の社会的・法的正当性を獲得すべく働きかけをする際に生じる諸問題や戦略戦術を私は検討しています。

一般の方向け資料

①2016年11月24日東北学院大学経営学部「おもてなしの経営学」第8回

授業で,自身の研究テーマに近い内容をお話ししました。
また,同内容は『東北学院大学経営学論集』第8号にも掲載されています。

②2013年度 西武文理大学イノベーション・プロセス論 第15回「制度要因への対応」

15 制度の変革とイノベーション
こちらも授業用に作成した資料のため,一部文言を省略している部分があります。

ニュースクリップ

ソーシャル・ブックマークを利用して,イノベーションと政策(権利保護,規制等々)に関連するニュースの収集をはじめました。
手作業による収集(はてなブックマークのブックマークページへ)
当座の運用方針(はてなアカウントのプロフィール欄へ)